現状、PSO2一色になりそうです。


by sora_hane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

紡ぎ手達の休息所――血色の聖夜、幸せの聖夜――

c0179116_23563160.jpg


 闇空に舞う白の雪。冬に舞い散る氷の桜が、三日月を受けて優しい輝きを見せていた。雪雲の狭間に覗く空に瞬く星々の光を眺めながら、少年は片手のグラスを煽った。熱にも似た味わいを喉の奥へと嚥下しながら、町を染めた壮麗な雪景色を睥睨する。
 聖夜――異国の宗教者が生まれた、恋人達が思いの丈を伝え合い、無邪気なる子供らが幸福の内に眠りへとつく日。今朝、出掛けに父からプレゼントされたワインをトクトクと飲みやりながら、フィルはベランダの柵に体重を乗せた。
 とてつもなく穏やかで、雑音の無い幸福な時。フィルが求めて止まなかった時間。
 最も――十分も味わえれば、十分という所だろうが。
 そんな事を考えていた矢先に、背後でバン、と扉が開け放たれる音がした。首だけで振り返ると、雪色のワンピースを着込んだ少女が、不服そうな怒り顔を見せていた。
「ほら、フィルー! 休んでないで手伝ってよ、飾り付け! その帽子も折角だからかぶってよー!」
 ――こうなるのは、目に見えていたからな。
「はいはい、分かってる……」
 キンキンと響くリリィの声に、フィルは嘆息と共に答えながら、ベランダから室内へと踵を返した。縁に乗せておいた、小さなサンタ帽子を申し訳程度に頭に載せる。
 春を思わせるほどに温まったリビングの中、手近なテーブルにワイングラスを置いてから、窓際で小さなツリーと対峙する少女の隣に立つ。幾つものポケぐるみが飾り付けられたモミの木へ、積雪を象った白のモールを飾り付けていく。
 この小さなツリーの飾りつけは、リリィが言い出した事だった。この聖夜にツリーなしなんて哀しい、と。自分達二人しか見ない、しかも一夜飾り付ければ役目を終える簡易のツリーを、手間暇かけて飾り付ける理由は聞きたかった。が、下手な事を聞けば、また大声で泣き出されるので、基本的には何も言えなかった。
 其れに、とても楽しそうに。心の底から嬉しそうに笑っているリリィを見ているのは、それだけで心地が良い。
 何よりも、この夜――クリスマスという、リリィにとっては辛い筈の夜に、リリィが笑ってくれるだけで、フィルとしては嬉しかった。
 ――……もう、あれから一年か。
 フィルは作業の手を止めて、ほんの僅かな過去に想いを投げた。
 一年前の粉雪が日――血色の聖夜へと。



「フィールー! 良いから、行こうよー! クリスマスケーキ無いなんて嫌だよー!」
「良くない! というか、どうしてこの糞寒い空に出なきゃならないんだ!」
 聖夜にも関わらず、轟々とした少年少女の咆哮が、白雪が積もる家の中に朗々と響き渡る。
 防寒具に包まれたリリィに腕を引かれながら、フィルはただただ叫び返した。
「何を浮かれているのか知らないけどな、クリスマスだろうが何だろうが、わざわざこんな大雪の中、出かける必要ないだろ! 第一、父さんも母さんも居ないんだぞ? 町まで徒歩で歩いていくつもりか? 第一、クラスの連中と出会ったら、また面倒な事になるだろ!」
「それでいーじゃないー! 恋人みたいだってからかわれたって良いじゃないー! っていうか恋人で良いじゃないー!」
「何が良いんだ! また机に書き込まれたいのか、余計な事を! 苛められた事は一度や二度じゃないだろう、お前も!」
「今はもう大丈夫だよ! だってフィルが毎回毎回制裁してくれてたから、誰も何も言わなくなったじゃんー!」
 ――そりゃ、中学生の不良らしい兄が連れ出されてきたのを、完璧に再起不能状態まで叩き込んだらな。誰も何も言わなくなるだろ、表じゃ。
 顔を紅くして腕を振り回すリリィに半眼を送りつつ、フィルはただただ頑固な妹に溜息をついて、窓の外を見やった。
 越してきた場所が、多少雪国に近い地域というのが不味かっただろう。生クリームをデコレーションされたようなホワイトクリスマスに、何故外へ出なければならないのか。
 フィルとしては、家で大人しく待機しておきたいのが本音だった。もう少し晴れていたなら、ここまで雪が降り積もって居なければ、別に付き合っても良かった。が、まるで夜叉に呪われたかと嘆きたくなるような豪雪だ。町まで車で走れるならともかく、徒歩で二十分も歩けというのは、余りに辛い。
 その無茶を頼み込んでくる妹との押し問答を繰り返しながら――その中で、フィルは哀しく悟る事が有った。
 どうせこの頼みに関しては、最終的に自分が折れる事になるんだろうな、と。

 押し問答は、半刻もの間続けられた。問答が止んだ後、その家の玄関には、二人分の足音が響いていた。

 ――こうなる事は分かってたんだ、どうせな……。
 住処から遠く離れたショッピングモールの中で、老人の其れと似通った嘆息を吐き出しながら、フィルはただただ肩を落とした。聴く者の気分を沈め、テンションを落とさせるその呼吸に、けれど、隣を歩く妹は気付きすらしなかった。瞳を文字通り煌かせて、ショッピングモール内にクルクルと視線を彷徨わせている。
「あ、ほら美味しそうなケーキ売ってるよー! あ、あっちにも! ねぇねぇ、どっちが良いかな、かな?」
 今までずっと豪雪の空を歩いてきて、普通ならその寒さに多少は落ち着くだろうに、リリィは落ち着くどころかハイテンションを維持している。子守り役としては異常に疲れる状態だった。いい加減、何処かで休みたいと思うのだけれど、とても聞き分ける気配もない。
「二人で1ホールのケーキなんか喰えるか。どうしても買いたいのなら、一人で喰い切れる大きさにしてくれ」
「えー? 折角お金有るんだしさー、大きいの食べようよー!」
 不満そうに叫んでくるリリィに、フィルは半眼を向けた。
「金が有るのは否定しないが、其れは明日の夕食までの繋ぎの金という事を忘れるなよ。下手に高いケーキなど買ってみろ。家にも殆ど食材は無いんだ、明日は白飯だけで過ごす羽目になるぞ。食事まで白一色じゃ寂しすぎるだろ」
「一万円貰ってるから大丈夫だよ! 昔の人も言ったじゃん、パンがなければケーキを食べればいいじゃない、って!」
「直後にギロチン台で脳漿ぶちまけられたけどな」
 さらりと告げてから、周囲を見回す。クリスマスといっても、カップルばかりが存在している訳でもない。行き交う人の割合上、確かに恋人達らしき人々が多いけれど、家族連れの人々も其処かしこに溢れている。一人で歩く父親らしき人達は、サンタのプレゼントでも購入に来ているのだろうか。
 ただ、全ての人々に言えるのは、幸せの色に満ちているという事。キリストの生誕に端を発しているキリスト教にとっての祝い事を、この世界の人々が祝うのは多少不可思議な気分ではあるが。その中に有って、自分と同じように疲れ果てた人間は、どうやら誰一人居ないようだった。
 一人身という訳でもないが――無性に虚しくなった。

「ん、フィルどしたの? 凄く遠い目してるけど」
「いや、ちょっとな。其れより、聞きたかったんだが……今日、俺を連れてくる意味は?」
「え? フィルが居るから、意味有るんじゃない! クリスマスなんだよ、聖夜なんだよ! フィルと一緒じゃなきゃ嫌だし、一人で買い物なんて絶対ヤダ!」
 兄に対して言うべき言葉ではない気がするが、リリィは実にはっきりと言い放った。周囲の恋人達、家族連れの子供辺りが妙な視線を向けてくるのも、気がつかないらしい。
「一緒に居るのはいつもの事だろ。クリスマスに一人で買い物が嫌というのは分からなくないけどな――流石に一度休ませろ」
 半眼で呟いてから、近くに有ったベンチへと腰をおろす。一時間近く、テンションが低い状況で歩き回らされて、疲れがいい加減に溜まってきた。
「えー、休む前にせめてケーキだけでも見に行こうよ」
「ケーキを見る位、一人でも出来るだろ……どちらが良いか意見を求められても、元々門外漢の俺に正しい答えが出せるとは思えないしな」
「それでも一緒がいーよ! 正しいとかじゃなくて、一緒に居てくれるだけで良いんだよー!」
 腕を握ったまま、ブンブンとリリィが腕を振って来る。右腕を上下に振り回されながら、フィルは半眼で呟いた。
「今までどれだけ共に居たと思っている。共に居るのはいつもの事で、特別視する事でもないだろ? クリスマス、というのも本来はキリストの生誕を祝うキリスト教の祝いだ。この国が行ってる其れは、クリスマスの名を借りた商売戦術に過ぎない。そんな物にわざわざ付き合う義理も無い」
「そ、そんな冷めた見方しなくても良いじゃん!」
「事実だろ。歴史を紐解く気は無いが。お前も、クリスマスにテンション上がるのはサンタクロースが居るからだろ、クリスマス云々ではなく」
 ギクリ、と分かりやすい位にリリィが硬直する。数日前から、腰辺りまで大人が入りこめそうな程、巨大な靴下を枕元に――寝床であるフィルのベットに、だが――置いているのに、気付かれないとでも思っているのだろうか。
 フィルはニヤリと笑いながら、訥々と呟いた。
「疲れきった兄を休ませようとしない悪い妹に、プレゼントが果たして――」
「や、休んでて良いよ、フィル! け、けれど、ちょっとだけだよー」
 慌てた様子で手を離して、リリィがケーキ屋へと駆けて行く。笑いながら其れを見送って、フィルは改めてゆっくりとベンチに腰を沈めた。
 周囲の人達から、クスクスと楽しげな笑い声が聞こえてくるけれど、不快な物ではなかった。苦笑したまま、リリィの方へと視線を投げて――
 視界が大きくぶれたのは、その刹那のタイミングだった。

 見ていた映像のスクリーンが、突如として左右に振り回されたような感覚。まるで津波に浮かぶ板切れの上で立たされたような衝撃――地震だ。判断した直後には、立っていた人間が叩き落された羽虫のように、コンクリートの床へと倒れ込んでいる。怒声と悲鳴と泣き声と咆哮とが混ざり合って、鼓膜を千切りそうな衝撃と化した。
 その時、フィルが取った行為はベンチ下への避難ではなかった。大きく揺れる床の上を飛び出し、地上の揺れに合わせて、人の合間を跳ぶ――思考するまでも無く、体がリリィの元へと、動いていた。
 四歩ほど跳ぶと同時に、頭を抱えて伏せているリリィの真上に被さる。衝撃を与えぬように、其れでいて、彼女を庇えるように。
 直後、一気に揺れが激しくなる――二回目の大揺れ。声と認識できない音が衝撃の度合を更に色濃く増した。硝子窓がポップコーンのように弾け跳ぶ音がする。真上から鳴り響いた其れを耳に覚えながら、フィルは彼女の上から離れなかった。


 二度目の地震が収まった後、リリィは恐る恐る顔を上げた。周囲で倒れていた人達も恐る恐る起き上がって、そうして、思い思いの知り合い達に連絡を取り合っている。
 リリィは鳴り止まない心臓に手を当てながら、小さく呼吸をした。地震に遭う事は、初めてではなかった。けれど、これほど激しい地震は初めてだった。スリル以前に、恐怖しかなかった。よりによって、フィルが近くに居てくれなかった時なんて――
 ――あれ、でも、じゃぁ、この上に居る人は……?
「……リリィ。無事、か?」
 胸中の疑問を帳消しにする、どこか途切れ途切れな少年の声。庇われている中で、そっと上を振り返ると、いつもの兄――フィルの微笑があった。
「フィル――うん、ボクは大丈夫! フィルは?」
「……余震が、来る。まだ、動くな」
 彼は表情一つ変えず、ただ、機械的な声で返すだけだった。
 ――あれ? いつもなら、もっと余裕そうな声なのに。
「あ、うん――え、あれ?」
 一度了承してから、けれど、すぐに其れに気がついた。フィルの顔――その首近くの場所に、残酷に光る紅色の液体に。
「フィル、フィル!? そ、その血――!」
「……大、丈夫、だ。お前は、何も、気に、す――」
 言葉が途切れた。フィルの瞳から、光が遠くなった。
「フィル!?」
 叫んでも、返事が無かった。慌てて彼の体から這い出して、フィルの背中に目をやって――硝子の破片に、海色のパーカーを紅色に染めた、兄の姿を見つけて。

「――イヤァァァァァァァッ!!」
 リリィの絶叫が、現場に溢れていた全ての音を掻き消して、白の雪空まで響き渡った――




「――フィールー! いつまでボーっとしてるのよー!」
 と。
 気がつけば、目前にリリィの不満そうな表情があった。
 少し長く思い出しすぎたらしい。フィルは小さく苦笑して、頭を振った。
 あの後は色々と大変だった。フィル自身はクリスマスの昼頃に病院で目を覚ますまで事情を全て理解できていなかったし、退院するまでの間、ずっと同じ個室にリリィと二人で眠っていた。帰ってきた父親からは思い切り笑われるし、母親からは心配され続けるしと、フィル自身にとっても最悪なクリスマスだ。
 ただ、ショックの大きさから行けば、恐らくはリリィの方が大きかった筈だ。フィルは普段から辛い目に会って来ていたけれど、リリィにだけは絶対に被害が行かないよう、絶対にショックを与えないよう、動き続けた。
 それゆえ、リリィの前で意識を失くしたのも、あの日が始めての事で――彼女がショックを受けていない筈がない。事実、目が覚めてから退院するまでは、殆ど突きっきり過ぎる生活を送っていたのだから。
 最も、一年も経過すれば、流石に記憶から消えてきたのかもしれないが。
「悪い、考え事だ――と、これを飾り付ければ完成か?」
「そうだよ! フィルが止まってる間、全部ボク一人でやってたんだからね!」
「悪かった。後でワインをやるから、許せ」
 最後のモールをツリーに巻き付けながら、フィルは小さく笑った。
 それに、リリィは少し瞳を煌めかせ――けれど。
「べ、別にそんなの、ボクは飲んじゃいけないし……飲んじゃって、去年みたいな事になったら、嫌だもん……」
 リリィがどこか、泣き声にも似た声でそう呟く。フィルは首を傾げつつ、モールを最後の場所へとかけた。
「去年? あれはただの事故だ、お前が気に病む必要はないと、何回も言った筈だが」
 答えつつ、振り返る――視界の中で、リリィが力なく俯いて、真珠のような涙を零していた。
 今までの笑顔が仮面だったような、余りに唐突な表情変化。
 フィルは言葉を失くして、彼女を見つめる以外、何もできなかった。

「――違うよ。あれ、きっとボクのせいなんだ……ボクさえ、フィルの言葉をちゃんと聞いてたら、あんな事にはならなかった! フィルとゆっくり休んでたら、怪我する事無かった! ボクが良い子だったら、フィルに怪我させなくて済んだ!」
 辛く、重く、切なく、激しく。千切れ跳んだ弦の音に似た泣き声が、屋敷全てへと伝わっていく。
「去年は大丈夫だったよ……けど、フィル、あの後暫く、病室から出れない大怪我した! ボクさえ、あんな事言わなかったら、ちゃんと良い子で居たら――!」
 子供を思わせる、本心からの涙と叫び。聞く者の心を折る、冷たく切ない声。無理に笑っていた物が、ここに来て崩壊してしまったらしい。心から紡がれる悲鳴は、耳に聞くだけで余りにも痛い。
 その絶叫の中で、フィルは訥々と、近くの棚から新たなグラスを取り出した。リリィが涙を零しながら、きょとんと瞳を丸くする。フィルは躊躇う事なく、窓際のワイン瓶に手を伸ばし、中身をグラスへと注ぎ込んだ。
 困惑するリリィの目の前に、そのグラスを突きつける。
「――お前の分だ。高級なワインだからな、一人で飲むのもいいが、聖夜に其れは少々哀しい。お前も興味はあるだろ? ご馳走も既に購入して有る、飲もう」
「フィル、話聞いてた!? ボクは――」
「なぁ、リリィ。その理論で行くなら、俺の申し出を断わった時点で、お前は兄の頼みを断わった悪い子にならないか?」
「えっ?」
 考えもしなかった、という想いが溢れた言葉。フィルは少女の手にグラスを握らせながら、自分のグラスへと手を伸ばした。
「悪い事、は所詮その程度なんだ。立ち位置によって幾らでも悪が善となり、善が悪になる――そして其れは、あの時にも言えるんだ。兄を休ませない妹を悪と称したが、一緒に居る事を望んだ妹を無下にあしらった兄も悪じゃないか? その直後に大怪我したのも、所詮は偶然の巡り合わせだ」
「で、でも、それはボクを庇ったから――!」
「お前を一人で買い物に行かせなければ、少なくとも怪我を負う事はなかった。二人で居れば、一度目の地震の直後にでも、店の中へ飛び込んでいた」
 グラスを大きく煽る。灼熱味の其れを飲み干しながら、フィルはリリィの頭へ手を置いて、心から笑いかけた。
「気に病む必要がない、というのは何も励ましで言ったんじゃない。どうしようもない事実なだけだ。幾つかの不運が重なって発生した、其れだけの事故に過ぎん。どうしようもなかった事で落ち込まれるより、今年のサンタでも思って笑ってくれている方が、俺としても嬉しいんだ」
 嘘偽りのない、紛れもない本心を、リリィへと突きつける。
 去年の事をいつまでも引き摺って貰いたくないし、何よりもそうして泣いているリリィを見る方が、辛い。
「リリィが其れを飲んだって、俺に悪い事は起こらない。飲みたくないなら、飲まなくても構わないけどな」
 彼女の頭から手を離す。伝えたい事は伝え終えた、後は彼女がどうするかを決めるだけ。リリィは、ほんの少しの逡巡の後で、そのワインを唇に触れさせた。
 迷いも躊躇いもなかった。やっと、彼女自身の中でも、去年の出来事は吹っ切ってくれたようだった。
「よし。既に七面鳥は焼いておいたんだ。後は、楽しむとしよう――この聖夜を」
「Happy Merry Xmas、って奴だね!」
 リリィが何処かから聞いたのか、少し朱がかかった笑顔で叫んでくる。フィルもほんの少しだけ笑って、幸せな聖夜の始まりを奏でるように、グラスとグラスを触れ合わせた。


 リビングで祝う二人の声は、いつまでも終わる事無く、幸せの夜に高らかと響き続けた。


――後書き。
 Happy Merry Christmas!

 という訳で、さてこんばんは。狂想曲外伝『血色の聖夜、幸せの聖夜』と御付き合い頂きまして、心から感謝致します。
 この物語はフィルとリリィの過去、つまりはリリィがフィルから離れたがらない理由に際し、イコさんから頂いた二人のクリスマス画像に載せて描いた作品です。
 フィルにとって、リリィは何があっても守らなくてはならない存在です。けれど、同時にリリィにとってもフィルは大切すぎる存在です。で、その片方が壊れかけるとどうなるのか――という事で思いついたのが、事故に寄る生命の危機という形で表現させてみました。
 同時に、イコさんから頂いた絵を無駄には出来ない、つーかこのシーンは描きたい! って事で、冒頭に持ってきました。不貞腐れた風なフィルと、活き活きと素直にクリスマスを楽しもうとするリリィに惚れました。二人の事、良く見て下さってる!w
 ちなみに、こんな小説書いてる時点で、まぁ私はクリスマスには一人で居ます。一人で窓から星見酒とやってますよ! 安いウイスキーをストレートでゴクゴクと、小説書きながら聖夜をいつも通りに過ごしてる訳です。其れでこその自分ですw
 想い人がいる方々は安らかな夜を過ごしてるんだろうな、って思うと嬉しいです。本来、クリスマスは家族で過ごす日の筈ですから、将来の伴侶となるかも知れない方々や、既に伴侶を得ている人達は、家族で過ごすっていう幸運を大切にして欲しいと思います。大切な物って、失くしてから理解しまいますから。うぅん、さだまさしさんの『遥かなるクリスマス』を聞いた反動かなぁ。余計にそういう事ばっかり考えるや;

 最後にちょっと重くなっちゃいましたけど、とりあえず、これを読んで頂いた皆さんに、まずは感謝を。本当に有り難うございます。
 それから最後に、この一言を。

 メリークリスマス。
[PR]
by sora_hane | 2008-12-25 00:00 | ポケモンバトル小説・外伝