現状、PSO2一色になりそうです。


by sora_hane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

どっか行って来ました。

 有言実行とは正にこの事! まぁお陰でFP試験勉強何も出来てないけどね! ……まぁ、今回は4月始めからの激動に精神やられまくってて、そもそも準備すら出来てなかった時点でどうしょうもないけどさorz

 今日はお昼頃から、兵庫県のJR尼崎駅、という場所に行ってきました。今回の旅は徒歩の旅、という事で、昔近くに行った事の有る、神戸の中華街とか、海側に聳え立つ神戸タワーや近くの芸術品みたいな外見したホテルなど、色んな景色の良い場所を適当に見て廻ろうと思っていたんです。



 所が――多分此処まで見た人で、勘の鋭い人は気付いているでしょうが――本来目的地とする場所は『三宮』という駅だったんですね。
 其れを『尼崎』だと思い込んで降りたもんだから、初見の場所を見て ??? マークが大量に浮かびました。暫く町を歩いていった結果、見知らぬ住宅街に出たから「あ、これ違うわ」と結論付けて――「ま、いいや」って思い直して、そのままテコテコと徒歩の旅を続けました。
 実際、今回は色んな世界を見て、色んな物を食べてのんべんだらりと行ってみよう、っていうのが目的だったので、其処が住宅街であれ手入れされていない山林であれ若者達のデートスポットであれ、大差はなかったんです。
 今回は五時間ほどの徒歩の旅でした。本当に、ただ歩くだけの旅。
 途中、阪急側の尼崎駅近くに有る商店街で、『せやねん』って番組に紹介されてたらしいソースカツ丼食べて、イントネーションの違う日本語を流暢に話す売り子さんからワラビ餅を買って、見かけたたこ焼き屋でたこせん買って(小さいタコ焼きオマケして貰いました。ラッキー)。コンビニでヘルシアウォーター購入しつつ、とりあえず目的地『西宮』に決めて。
 また見かけた別のタイヤキ屋でクリーム入りの鯛焼き買って、道を塞ぐようにして有った水かさの減った大河を横断して(お陰で足下20cm程ずぶ濡れになりました。換えの靴下持って行っとけば良かった;;)、体力を使い果たしながらも目的地に到着(ただ、本来の目的地が三宮だと分かったのは西宮に到着してから。其れまでは西宮が本当の目的地だったんだ、なんて思ってました。アホらしいです本気で)。そっからは電車に揺られて、のんびり帰路に着きました。


 街中をのんびり歩いていると、良く似た景色が色々と飛び込んできます。所詮住宅街です、他の住宅街と大差は無いでしょう。けれど、見る景色其の全てが『違う』んです。
 遠くにいる母親に駆け寄っている少女達。学校の庭でサッカーに精を出す少年達。庭の草木を手入れする老人。定食屋から仏頂面で出てくる仕事着のおっさん。仲睦まじく手を繋いで歩いているカップル。好奇心のままに走り出す我が子に手を焼く両親。人の少ないコンビニで、軽い緊張を保ちながらレジ打ちをしている高校生ぐらいのバイト。昼時に繁盛する飯屋で慌しく動き回るウエイトレスやキッチンのコック達。川岸を穏やかに散歩する老人と犬。
 似たような景色は色々有るだろうけれど、其れでも彼等は彼等として、其の場所に生きてました。楽しんだり苦しんだり何も考えてなかったり、生き方は様々でしょうけれど、其れでも『居場所に居る』という事が、つくづく実感出来ました。あぁ、やっぱり人ってのは、ちゃんと『生きてる』もんなんだな、と。

 今回の旅は『放浪』っていうのも、一つやってみたかった事として有るんです。昔に望んでいた『終わり方』として『当ても無く放浪して、その旅先で野垂れ死ぬ』という思いが有って。最近、其れを実行してしまおうかと思ってしまう時間が有って、其の解消の為とストレス発散兼ねて、今回の旅を実行しました。放浪中は『ソラハネ』でもない、『現実の自分』でもない、『ただ一人の旅人』になれる瞬間でも有るので。元々放浪好きだったので、今回このまま放浪してしまおうかな、なんて思いも持ってましたよ旅路の途中には。
 ただ、まだやっぱり『終わりたくない』って思いも有るんです。つーか、死にたくはないですし、私は。死にたくないくせに消えたがる変人ですけれども; 其れにまぁ、今はまだ楽しめてますしね、色んな事。大切で護りたい人も居て、共に居て楽しい人達も居て――そんな風に思いながら、町を見ていると、やっぱり面白い物も有りました。『生きてる』理由も様々でしょうけれど、他人も自分も『生きている』んだな、って思うと、まだ終わりには早すぎる、って実感しましたよ。

 この考えが又あっさり覆されるのも私なんですけれど、少なくとも今は、ここに居る『ソラハネ』として生きていよう、と再確認できました。
 明日はきっと失敗するでしょう。けれど、何よりも楽しくて、自分自身を見直せる良い機会でした。多分また機会が有れば、何処なりと放浪してると思います。東京だと多分、朝早くから動き出さない町を歩いてそうです^^
 そんでもって、次に放浪する時は、隣に誰かが居ても良いかもです。ソラハネとしての目線で見るのも、また面白いかも知れませんしね。

 ではでは、全く中身のない日記に付き合って頂いて、有難うございました。
[PR]
by sora_hane | 2010-05-22 23:49 | 珍しい日常話