現状、PSO2一色になりそうです。


by sora_hane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ポケモン・型紹介( 9 )

 こんばんは。この分野の更新、随分久しぶりな気がします。最近、めっきり勝率が落ちて凹んでおりますorz

 今回紹介する子は、水の暴龍、ギャラドス。使える技が少ない割に、使用される型はかなり豊富に有る子ですね。
 その内、今回は最近作成した、立ち回りを重要視した一体を紹介したいと思います。

公開!
[PR]
by sora_hane | 2010-02-07 16:15 | ポケモン・型紹介
 さて。随分とお久しぶりです。私生活で色々と有りまして(バーチャルコンソールに嵌ってただけというのは内緒)最近殆どポケモンに触れてなかったのですが、一万ヒット行った事だしいい加減何かしら記事を書かないと不味いだろう、という事で。久しぶりにポケモン紹介と行きたいと思います。

 今回紹介する子は、最近フルバトルにおいて尋常じゃない強さを振るっている子です。流行っているという訳でも無いでしょうが、実力が本当にどうしようもない。私の現エースとして使ってる子です。
 今回紹介する子は――覇道の勇者『ルカリオ』です!
 ……え? 字が違う? 気にしたら負けだ。

More
[PR]
by sora_hane | 2010-01-20 22:40 | ポケモン・型紹介
 こんばんは。さて、もう随分長い間何も書いてなかったのですが、ここらで一つポケモンブログらしき事をやってみたいと思います。最近作ったポケモンの内、結構重宝してる子について書き記しておきます。
 まぁ、とはいえ? 今回の型は最近リンクさせて貰った『グロスかわいいよグロス』さんの型を流用しただけだったりしますけどね!

紹介はこちらから!
[PR]
by sora_hane | 2009-12-13 15:45 | ポケモン・型紹介
 さて、随分とお久しぶりな気がします。ホントに久しぶりの更新です。
 もうなんかいい加減に更新から離れすぎた――つまりはこないだのオフ除けばネタの無い単調な生活、日々は家族とのカタンとイルさんとのやりとり、その他色々考えざるを得ない現実――のと、ポケモンから離れすぎたのと有って……とりあえず、久しぶりに一匹、紹介してみようかと思います。

 今回の子は、こちら!
 灼熱の鬼神、戦の申し子、最強の一角! 『ゴウカザル』!

 ゴウカザル

 種族値
 HP  76 攻撃 104 防御  71
 特功 104 特防  71 素早 108

 性格・無邪気
 努力値 AS全振り
 持物・襷
 技・インファ オバヒ 蜻蛉返 アンコ

 紹介していなかったのが不可思議過ぎる位、戦闘に於ける定番の子ですね。
 今回紹介する型は、無数にあるこの子の型の中でも、特にフルバトルにおいて使い勝手の良いサポートとアタッカーを両立した子です。戦術はいたって単純、相手の動きを読み切って!
 いやホント、それ以外には無いって言うか。サポートとして使うにも、アタッカーとして使うにも、読みが必須になるので。
 この子の登場方法として最も多いのは、相手のサポート技を読んでの降臨になるかと思います。自分より遅い身代りやステロを読んで降臨し、アンコで動きを封じ、蜻蛉で離脱。単純な戦法ですが、故に廻れば異常に役に立ちます。死に際アンコで殺されて、無駄技固定しつつ後続の援護も可能ですし。
 また、攻撃力を高めている為にインファで攻め込む事も可能で、オバヒの威力は無振りでも全く問題なし。襷を有しているので一撃は耐え切れるし、攻援のバランスが取れた扱い易い型だと思います。
 サポートに徹するならHPに振って 大文字orオバヒ アンコ ステロ 蜻蛉or後続サポート技辺りが使い勝手良くていいかと思います。ただし、これだとアタッカーとして攻め込む頃が出来ないので、私は敬遠しています。元々猿のように突破力に溢れたポケをサポートに固定してしまうのは余りに勿体無い気がしたので……結果として凄まじく役に立ってるので、これで良かったんだろうなと思ってます。

 ゴウカザルは使用者によって幾らでも変化する、最恐の鬼です。其の内の一つの型、良ければ使用されて見て下さい。
[PR]
by sora_hane | 2009-07-30 21:45 | ポケモン・型紹介
 さて――久しぶりの更新です、こんばんは。人狼は十一時前後に開幕させる予定ですが、私はちょい早めに入ってるかと思いますので、ダラダラ駄弁りたい方が居たりしたり、説明が欲しかったり、ルール教えろやゴラというならどうぞ入ってきてくださいな。

 さて、今回は型紹介です。この分類も随分な間更新してなかったので、久しぶりに更新してみます。
 今回は悪・霊タイプの蠢く亡霊――ミカルゲについて、書いてみたいと思います。
 
c0179116_19493325.gif

 アイコン提供:ポケ書
 名前:ミカルゲ

 性格・図太
 努力値・h252、b252、c4
 持物・残飯

 技
 サイコキネシス
 鬼火
 痛分
 呪い


 ……はい、変態型ですねわかります。他にどうという事も無い『何したいねんお前』と突っ込まれうる型ですので……。
 ただ、使い勝手が良いのも事実だったりするんですよね。こんな型なのに……。

 この子は其の時々に於いて使い方にかなりの幅が存在します。変則物理受け、というよりは変則補助型、というのが正しいかと思います。
 基本的には格闘・念・無技よみでの無償光臨が望ましいです。が、耐久力を考えれば物理受けとして放り出すのが正しいでしょう。
 基本的には鬼火で物理の滅殺が出来れば最高ですが、特殊、受け相手に叩き込んでも問題ありません。ダメージソースの確保が優先的な仕事となります。念動は鬼火の効かない猿対策です。交代読みで当てられれば最高ですね。
 痛み分けも回復兼攻撃です。鬼火でガリガリ削りながら、痛み分けで追撃が主な用途になるでしょうか。一度引いて瀕死光臨を行えば、無論痛み分けの回復は大きくなります。ハピカビ辺りに叩き込めれば最高なのは言うまでも無いでしょう。
 呪いはHPに余裕が存在する時に、受け相手、もしくは交代読みで叩き込んで下さい。ミカルゲの耐久なら、下手な物理攻撃など二発余裕で受けきるので、体力が全快時は主に之で攻め込んでいく事になります。死に際に叩き込んで、相手に交代を強要させる事も出来ます。
 また、受け相手には下手な攻撃の何倍も凶悪な技になります。鬼火と合わせれば毎ターン3/8という勢いでHPが消えていく為、回復手段など余裕で破綻します。

 この型の使用目的はほぼフルバトルに限定されます。物理受けとダメージソースを確保する補助型として、中々の汎用性を発揮します。特にケッキングとの相性は最良で、攻撃直後の隙を埋めるパートナーとして十分すぎる役割を見せてくれます。格闘読みを外しても弱点が無い挙句に硬い為、早々の事では落ちませんので、かなり安定して流す事が出来ます。

 正し、当然無敵な訳じゃなく、それどころかアク強すぎるので問題はいろいろと有るのですが、この子の最大の欠点は、身代わり持ちに完封を食らう事ですね。念動で身代りを潰せない限り、もう面白い位にボッコボコにされます。
 技を影弾にすれば、まだ多少やりあえるのでしょうけど、今回は猿対策を最重視したので、念動になっています。ちなみに、悪波動は私の使用結果上、絶対お勧めできません。猿との正面衝突がかなり多いのに、其れに通じない技を準備してもどうしようもないです。また、ヘラとも激突回数中々多いので、汎用性を求めたとしても影弾の方にしておいて下さい。

 元々鬼火瞑想型で使っていた子なのですが、回復技を眠るに変えた子を作ったついでに作り変えた結果、こんなんが生まれました。使い勝手は予想より遥かに上々なので、良ければ一度作ってみてやって下さいな。

 では、明日の人狼ゲーム! ……and稲作農作業に備えて早めに寝ますorz
 何でよりによって明日に割り振られるかなぁ……;;
[PR]
by sora_hane | 2009-05-29 19:50 | ポケモン・型紹介
 勝率七割前後を維持していてくれた(結局7勝2敗)パーティについて、いい加減に書き残しておきます。
 今書かないと、八時からリリアさんの所での対戦会が、明日からは執筆が待ってる以上、このタイミングで無いとまず書けない……。
 数が多いので、個体値等、パラメータまでは省略。努力値や性格、技に関しては書いておきます。

って訳でパーティ開帳!
[PR]
by sora_hane | 2009-04-25 19:42 | ポケモン・型紹介

型紹介――雪原の帝王

 さて――いい加減にポケモンに関しても更新したかったので、今日、久しぶりに対戦した際に使用した子から、一匹紹介したいと思います。これで三匹目の紹介になりますが、どれもこれもメジャーな子で無いのは自分の趣味ですかねぇ。

 今回紹介する子はこちら! 霧の守護神――トドゼルガ!

c0179116_2047559.gif

 アイコン提供・ポケ書


 種族値
 HP 110 攻撃 80 防御 90 特功 95 特防 90 素早 65
 特性 アイスボディ

 性格 図太
 努力値 H252・B252・D6

 持物 食べ残し
 技 守る 身代わり 蓄える 絶対零度


 パラメータ表を見ても分かるとおり、全体的にパラメータは高いです。かなり耐久面が高いですが、攻撃面も平均以上の能力値を誇ります。
 しかし、コイツが本当に恐ろしいのはその特性と、技の組合わせです。

 特性・アイスボディ。この特性は天候が『霧』の場合、毎ターン最大HPの1/16を回復する特性です。アイテム効果と重複もするため、食べ残しを持たせていれば合計で毎ターン最大HPの1/8を回復するという鬼みたいな回復力を誇ります。
 そして、この効果と組み合わされる技が『身代り』。今までにも何度か説明したかと思われますが、最大HPの1/4を使用して、自分の代わりにダメージを受ける盾を作り出す技です。そしてもう一つが『守る』。一ターンの間、あらゆる技の影響を受けなくする技です――正確に言えば、全て、という訳では有りませんが、実践レベルの技に於いてはほぼ全てと見て間違いないでしょう。
 これまでの説明で、勘の鋭い方なら理解されたかもしれません。廃人の方々に関しては、もはや言わずもがなでしょう。

 まず、初ターンに『身代り』。相手からの攻撃を一撃受けますが、HPを1/4以下に削られない限り、まず間違いなく成功します。そして、次のターン『守る』。身代りを維持したまま、二ターンを耐え凌ぎ、HPを1/8×2=1/4回復させます。次のターンは身代りが残っている為、相手の攻撃で身代りが破壊されてもダメージは受けません。そして、後手で身代り。そして次のターン、守る。
 もう、お分かりですね? 身代りと守るを交互に繰り返す限り、身代りの使用HPと回復量が一致する為、トドゼルガのHPは初めの一撃以外では減りません。逆に相手は、ユキノオーによる永続天候『霰』の影響を受けて、毎ターンHPを1/16ずつ削られていくので、16ターン後には死亡します。場に毒びしが撒いてあったり、ステルスロックなどでダメージを与える事が出来れば、死亡速度は飛躍的に高くなります。
 このコンボこそがトドゼルガが持つ、最強最悪の身代り守りのコンボ――型に嵌められれば自分のポケモンが自滅するのを見つめるしかない、最悪のコンボです。

 そして、相手が守るを読んでポケモンを交代する、その動作を読んで、技『蓄える』を何回も積む事が出来れば、もはや守る必要すら有りません。私も何度も経験した事が有りますが、相手の一撃によって身代りが潰れない状況に陥る事が、多々として存在します。
 相手がトドゼルガの弱点を突けない物理型ポケであれば、相手が初ターンから交代する事が分かる為、いきなり蓄えるを積む事すら許されているでしょう。
 其れでも、相手が凍りポケで有ったり、回復技があったり、食べ残しを持っていたりして、HPが減らなくなる状況も時には存在しています。そんな時の切り札が『絶対零度』。問答無用で相手のHPを0にする、無効タイプが存在しない一撃必殺技です。PPが少ないので連打は出来ませんが、決まれば本当に全てが終ります。


 シングルフルバトルで霧パと激突した時は、常にこの子と出会う確立を考慮して動かないと、完封を食らう事も珍しく有りません。
 とはいえ、補助技――特にアンコール、挑発に弱かったり、蓄える無積み状態では特殊技で結構な大ダメージを喰らったりと、完全に無敵な訳では有りません。蓄えるを積まれる前に、どうにか高速で対処してしまって下さい。


 PS・本日のバトルでは全く役に立ちませんでした……雪王と雪猪が鬼神と化した為、他の子らにも殆ど出番が無かっただけの話では有りますが。
[PR]
by sora_hane | 2009-04-09 20:46 | ポケモン・型紹介

型紹介――砂の魔女

 ……何かミスっちゃって一回ここの記事消えましたorz でも泣き寝入りしながら書くよ、書くよ畜生ーッ!

 カノンノ可愛いよカノンノ記事をいつまでもTOPに置いておくのもどうかと思ったので、最近私が使ってない――嘘です嘘です最近から昔から使い続けてるお気に入りの子を一匹紹介します。砂世界において、今まで何回だってヤバイ状況をひっくり返して貰った子です。
 まぁ読み外したら瞬殺かかるのは内緒だけどね!

c0179116_19282534.gif
アイコン提供:ポケ書

 ポケ:ノクタス
    タイプ 草・悪
    種族値
    HP 70 攻撃 115 防御 60 特功 115 特防 60 素早 55
    特性 砂隠れ

    性格   意地っ張り
    努力値 A252・S252・残6

    持物 光の粉
    技 不意打ち 気合パンチ 身代わり 宿木の種

 この子は砂パ――天候砂嵐状況においての使用となります。砂パに関しては砂塵竜巻の大乱戦にて説明してあるので、細かい部分は省いて、この子の使用方法を。
 このノクタスを使用する場合に於いて一番重要なのは『彼我のスピードの上下』です。
 この子は元々の耐久力の低さに相まって速度も遅く、速度が速いアタッカーを相手に対峙した場合は、不意打ち(相手が攻撃技を選択した時にのみ使える悪タイプの先制技・威力80)で一撃で撃破でき、なおかつ相手が攻撃技を選択する、と判断した場合以外は即座に逃げなければアウトです。先に一発喰らって一撃死です。
 この子が真骨頂を発揮するのは、相手がノクタスより遅い鈍足ポケモンであり同時に先制技などを有していない場合ですね。
 使い方は、大抵の場合初手『身代わり』が必須。砂状況の場合、特性砂隠れと光の粉の相乗効果によって命中率『100%』の技が、×0.8×0.9の変動によって『72%』にまで低下します。先手で身代わりを張りつづければ、相手が必中技を有していない限りは、四回も身代わりを打てば大抵どっかで外れます。身代わりが残ったら宿木の種で減った体力を回復するなり、気合パンチで殴り飛ばすなり。砂状態なので、宿木と組み合わせればガリガリ体力も削れて行く(毎ターン最大HPの3/16ダメージ)為に、結構ヤバイ事になります。宿木の種によってノクタスのHPは毎ターン2/16ずつ回復していくので。
 相手がポケモンを交代しても、ノクタス側に身代わりが出たままなので、また同じ事の繰り返しです。アタッカーが相手なら、気合パンチと不意打ちの二択に持ち込めるので、どっちにしても有利なのは変わりません。
 この子を使う場合は、とりあえずひたすら『読み』スキルが最重要となってきます。相手の行動を読みきって、身代わりを打つべきタイミングでも気合パンチを選択しなければならない状況も多々有るので。それと、運にも凄まじく左右されるので、運無い日だなぁと判断されたら使用されない方が賢明ですね。二回戦って十回連続で攻撃喰らった時は凄まじく凹みましたorz

 この子の天敵としては、まず強烈な先制技持ち。基本的にどうしようもないです。場に出す時は必ず有利な状況で出すようにして下さい。次に、必中技持ち。相手の命中率を低下させて戦う戦術を取っている為に、必ず当たる技とは相性が悪いです。
 特にヤバイのは、ハッサム。この子のバレットパンチは先制技の中でも最強クラスの一撃ですし、不意打ちはダメージが半減します。挙句の果てに必中技の燕返しもあるし、例え身代わりが有ったとしても後攻とんぼ返り(攻撃した後ポケモンを交代する、虫物理威力70技)によって身代わりを破壊しながら、ノクタスに有利なポケモンへと逃げられます。気合パンチは後攻技なので、とんぼ返りが外れない限りハッサムには一生当たりません。尻尾巻いて逃げてください。
 ノーガードカイリキーも天敵です。不意打ちは半減するわ向こうの攻撃は全部必中だわ爆裂パンチ食らったら一撃で死亡するわと散々です。身代わりが有るなら気合パンチ打って逃げれるだけハッサムよりはマシですが、どっちにしても逃げて下さい。
 ルカリオも波動弾(特殊格闘必中技・威力90)があるし先制技が三つもあるから即逃げで。正し身代わりが有る状態なら、気合パンチ一発で殺せますので、完全に天敵という訳でもなかったりします。

 この子を使う上での注意点はこんな所でしょうか。ポケモンフルバトルに於ける読みを鍛えるにはちょうどいい子だと思いますので、皆さんやる気があるなら作ってみて下さいな。攻撃と素早さえ有ればまったく問題無いので、作るの楽ですし。
[PR]
by sora_hane | 2009-02-07 20:01 | ポケモン・型紹介
フィル「と、いう訳でこんにちは。コーテイさんがマンムー考察されてたのに触発されたのか、ソラハネも一匹、自分のポケモンを晒す気分になったようです」
リリィ「今回晒すのはオオスバメ! 特殊ではないけれど、ちょっと変わった型のご紹介!」
フィル「今回は完全に廃人向けの記事なので、ポケモンの内容を知る人でなければ楽しめないかもしれませんが、ご了承を」

フィル「Wikiに載ってなかった型だから喜んでたら、一週間後位にWikiに乗せられてたっていう苛立ちから書き上げた記事という事は、黙っておいた方が良いのか、はてさて」(― ―)
リリィ「思いっきりばらしてるじゃん!」(><)
フィル「mingleで忙しくてこっちの小説更新できそうにないという誤魔化し記事と――」
リリィ「それは言っちゃ駄目ー!!」(><;)

フィル「今回ご紹介するのは、オオスバメ――拘り鉢巻型」

 オオスバメ
 種族値 60-85-60-50-50-125
 性格:陽気 持ち物:拘り鉢巻 特性:根性
 技・ブレイブバード/空元気or恩返し/選択/選択

フィル「技構成だけ見ると、基本形である焼き鳥型と殆ど変わりません。というか丸切り一緒です」
リリィ「技選択の自由が消えてる分、火炎球より使い勝手悪くなってるしね。正直、普通に火炎球持たせる方が、使い勝手は良いと思う。少なくとも3vs3なら、確実に火炎球をお勧め」

フィル「この型の真骨頂は、33ではなくソラハネの基本舞台となる、フルバトル。状態異常受けになります」
リリィ「オオスバメの特性・根性はポケモンが状態異常にある時、その攻撃力を1・5倍にするという物! 更に持ち物・拘り鉢巻で1・5倍って事で、2・25倍の破壊力に跳ね上がるんだ!」
フィル「ソラハネが良くやるのは、他の物理ポケで相手の鬼火を誘ってコイツを放り出すという物ですが、決まってしまったら威力の桁がおかしくなります。空元気の破壊力は、防御特化されたハピナスを15/16の確立で撃破し、アタッカータイプのポケモンは竜だろうが等倍は一撃死。元の攻撃力が低いから物理受けまで一発で破壊する事はできないけど、防御特化ヤドランを7~8割削り取っていく位の破壊力があるから、抵抗が無いポケモンだと交代出しも不可能」
リリィ「かなりアクが強いし相手任せだけど、嵌った時の楽しさは何よりも絶大! 状態異常にならなくても、ブレイブバードの威力が高いから、一発目から殴りにいける強さも持ってるしね!」
フィル「選択部分はそれぞれのお好みに合わせてチョイスするのが良いと思いますが、とんぼ返りは入れておくべきです。後もう一つはお好きに。元々技が少ないのがオオスバメの嫌な特徴ですしね。恩返しと空元気を両立させるのも、面白いかもしれません」


フィル「今回の記事は以上になります」
リリィ「またネタが無かったり、もしくはあるポケモンの型紹介して! とか言うのなら、またこんな記事書くかもしれないけど、基本的には話半分で聞いておいて下さい!」
フィル「それでは、またの機会に。いい加減狂想曲に力居れて欲しい物ですけどね、この作者」
[PR]
by sora_hane | 2008-11-30 14:42 | ポケモン・型紹介